陰陽師占い師、蓮侑堂紙月のトップ画像
キツネ画像

ホームへ移動


10の課体へ戻る


鑑定事例へ戻る


ご質問はこちらへ

ハ・ジョンウさんを勝手に鑑定

生年月日:1978年3月11日身長:184Cm、体重:75kg、血液型:A型所属会社:サイダスHQ(2007年基準)

写真引用:etnewsさんよりお借りしました

.........................

プロフィール:映画.comさんより引用

父も韓国の俳優。

02年、映画「マドレーヌ」(日本劇場未公開)に、

本名のキム・ソンフン名義で出演し俳優デビュー。

05年、ハ・ジョンウに改名し、インディペンデント映画を中心に活動を続ける。

主演映画「許されざるもの」(05)はカンヌ国際映画祭のある視点部門で

上映され、キム・ギドク監督の「絶対の愛」(06)、「ブレス」(07)などで演技に磨きをかける。

韓国の映画賞を席巻したナ・ホンジン監督作「チェイサー」(08)で

警察を翻弄する連続猟奇殺人犯を演じ、日本でも注目を浴びる。

同監督の「哀しき獣」(10)に主演するほか、「素晴らしい一日」(08)、「国家代表!?」(09)などに出演。

日韓合作の映画「ノーボーイズ,ノークライ」(09)では妻夫木聡とともに主演を務めた。

.........................

個人的に最も注目している(韓国の)俳優さんです。

実父が有名な俳優さんですが、自ら選んで隠してデビューされたそうです。

その姿勢はとても良い結果を招いているようです。

その為、陰陽五行説にこだわってきたわけです。

基本的に「目立たない態度」が男性からの好印象を得られているようです。

元々、女性からは絶大な人気運をお持ちです。

控えめな印象ですが、繊細な気配りが女性からの好印象を招き、

身近に居る女性の心を常に惹きつけます。

主役としての印象は(2010 哀しき獣の頃)、

(2015 暗殺)(2016 お嬢さん)での配役で、

日本語を流暢に話し、高身長でスーツ姿の美しい体系が素敵でしたね。

また感情を表面に出さない日本人的な個性が強かったように感じます。

(2008 チェイサー)(2010 哀しき獣)で才能を引き出した、

ナ・ホンジン監督との関わりで、

殺人鬼役やサスペンス映画で本格的に映画俳優として知名度があがったようですね。

恋愛ものではない映画で、女性の人気を集めるという俳優さんは少ないのではないでしょうか。

その姿は、彼の持つ強い運勢からきていて、それが上手く表面化していることがよく分かります。

控えめであることが「謎」を残し、無色を意識することが、

逆に七色に染まるとが出来るといった二面性が見事な方だと思います。

朱雀格、天后格、太常格を持つことから、

総合的に(映画)俳優が最も適した職業だと思われます。

inserted by FC2 system

保存

保存

保存

inserted by FC2 system